FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

ブログ管理人より

子どもたちは、今日から冬休みに入りました。
クリスマスやお正月など、楽しいイベントが多い時期ですが
それと同時に気が緩みやすくなる時期でもあります。
子どもはもちろん、我々保護者も事故など気をつけていきたいですね。

さて今年度の岩国市学校支援地域本部事業の指定校である東小。
啓発活動の一環として、今年の5月から定期的な更新を進めて参りました本校PTAブログですが、
子どもたち同様 冬休みをいただき今日をもちまして今年のブログ更新を終了とさせていただきます。
この一年間ご愛読本当にありがとうございました。

次回更新は来年、子どもたちの冬休み終了後を予定していますので
このブログで取り上げて欲しい事などがありましたら
気軽にPTA執行部までお知らせください。

岩国市内の小・中学校で唯一開設のPTAのブログ
「東小PTAブログ」を来年もよろしくお願いします。


それではみなさま
良いお年をお迎えください。

                            
スポンサーサイト
Date: 2011.12.23
Category: 未分類
Comments (0)
Trackbacks (0)

ちまたで見つけた東小! その5

東小金管クラブのすばらしい演奏 
アイ・キャンにて只今絶賛放映中! 


音楽会1

音楽会2
Date: 2011.12.23
Category: 未分類
Comments (0)
Trackbacks (0)

ちまたで見つけた東小! その4

東小4年3組 今日の中国新聞朝刊にて紹介される!



              新聞記事

                                                     (2011/12/23)
Date: 2011.12.23
Category: 未分類
Comments (0)
Trackbacks (0)

「ひがしvol.31」が発行されました♪

行事の多い2学期も終わり、楽しいイベント盛りだくさんな
冬休みに突入しましたね~(*^-^*)

広報誌も広報役員さんたちのお手伝いのおかげさまで
31号を発行することができました。
みなさん、お疲れ様&ありがとうございました!

実は、今回の表紙・・・本当はえびす祭りでの
金管バンドとカラーガードを取材する予定だったんですが
祭り当日の午前中天候が悪く、協議の結果
東小は不参加ということになってしまったのです・・・

ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!

まさかの変更で、急いで記事担当の役員さんと連絡。
急きょ日曜参観の取材に切り替え、
開校70周年記念と共に、表紙を作成したのでありました。

どうなることかと思った31号ですが
みなさん読んでみてどうでしたでしょうか?
こんな事を取材して欲しい!などなどありましたら
お近くの役員へ、よろしくお願い致します♪

Date: 2011.12.22
Category: 広報部
Comments (0)
Trackbacks (0)

ネット問題講演会

12月18日(日)市民会館大ホールにおいて、岩国市ネット問題対策協議会・岩国市教育委員会主催による
「ネット問題講演会」が開催されました。休日ではありましたが、各学校のPTAの250名程の方が参加され、
本校からも6名の方が出席されていました。


111218_130347_convert_20111218224141.jpg

今回の演題は
親に自分を見せない子どもたちの姿
~ネットいじめはなぜ「痛い」のか~

というテーマで、佛教大学教育学部の教授であり、教育学部長・大学院教育学研究科長でいらっしゃる原 清治先生にお越しいただきました。

先生は学校で起こるさまざまな問題の背景となる要因や、そのメカニズムについて研究されています。最近のテーマとしては、学力低下の問題や携帯電話を使ったネットいじめなどを中心に研究されていて、論文や本の執筆などにも取り組んでおられます。

111218_102649_convert_20111218224836.jpg

様々な角度から研究されてきた内容を元に、最近の子どもたちのいじめの特徴や、携帯電話によるトラブルの内容などを流暢に講演され、大変理解しやすく考えさせられるお話でした。

まだまだこの辺りは田舎なのでそこまで深刻なネットいじめなどはそれほどありませんが、都会では深刻な問題も出てきているようです。

そんな中、先生が最後に「子どもたちを守るために」という内容で以下の3つをあげて下さいました。
1.ソーシャル・スキルを高めること
  ネット依存にならないよう、日常の生活の中で人とのかかわりを大切にすることを意識付ける。あいさつをする、人の目を見て話す、人の話を最後まで聞くなどということの大切さを伝える。

2.ケータイ使用のルールを家庭全体で共有する
  食事の時はケータイを使わない、夜は何時までと時間を決めるときは、本人だけでなく、親もできるだけ同じルールのもとで生活すること。これは子どもの学習習慣にも関わる内容だそうです。子どもに勉強させるためには、親もその時間はテレビを消したりして何かにとりかかることを心がけている家庭は子どもの学習習慣が身についている傾向にあるというデーターがあるそうです。

3.学校での出来事や家での様子を気にかけることが大切
  今日の給食は何だったか、隣の席は誰なのか・・・といったちょっとしたことをどれほど関心をもっているかという内容でした。

結局大切なことは、やはり家庭の在り方なんだとあらためて感じさせられました。そしてまた、家庭だけでなく、地域とのかかわりが深い地区ほど子どもたちが落ち着いている傾向にあるというデーターもあるそうです。うちの地区では実際に行われていますが、回覧板に小学校や中学校の学校便りなどが回され、地域の方にも学校の様子を意識していただくことは大変良いことなんだと話されていました。ネット問題に限らず、すべてに通じるこの3点を意識しながら、しっかりと子どもたちに関わっていきたいと感じさせられました。





Date: 2011.12.18
Category: PTA研修会
Comments (1)
Trackbacks (0)

子宮がん集団検診

12月15日(木)、B校舎の裏で子宮がんの集団検診が行われました。
昨年の無料体験検診が行われた際に、「病院は敷居が高いけどこのような形で集団検診が行われるのなら行きやすい。」という声が結構あったので今年は、中学校の育友会と合同で募集してみました。
受付時間の1時より少し前に、東門より検診車がやって来ました。

PC150311_convert_20111217211744.jpg


会議室の前で受付を行い、会議室で問診表を書いていただきました。
待っている間に見てもらえるよう、会議室には、保健センターで募集されていた朝食レシピの優秀作品が掲示されていたり、
乳がんと乳腺炎のしこりのあるおっぱいの模型などがおかれていて、来られた方は乳がんのしこりを触ってみたり、保健師さんのちょっとした健康にまつわる話などを聞いたりしていました。

PC150312_convert_20111217211909.jpg

PC150313_convert_20111217211932.jpg

人数がばらけ、待つ時間を省くと、保健センターの方に簡単な問診をしていただいてから、検診車に入り検査が終わるまでかかる時間は15分ほどであっっという間に終わりました。病院に行くよりも楽だと実感しました。

PC150310_convert_20111217211703.jpg


今回は中学校との合同企画にもかかわらず、結局受診された方は28名で思ったよりも少ない人数となりました。

去年受けられた方で今年も応募された方がいらっしゃったのですが、子宮がんの集団検診は二年に一度を奨励されているので、昨年受診された方は集団検診では受診することが出来ず、ギリギリでお断りする方もいてこちらも勉強不足だったと反省しております。

個人的には年に一度、集団検診を続けていき、多くの方が気軽に受診できるようにと思ったりしていますが、どうせするのならもっと多くの方に来ていただけるよう、もう少し募集の規模を広めて東地区のイベントとして取り組むのもいいのでは・・・と保健センターの方との簡単な反省会をする中で話していました。

また皆さんのご意見なども聞かせていただけたら~と想います。

Date: 2011.12.17
Category: PTA企画
Comments (0)
Trackbacks (0)

PTA研修大会 美祢大会

11月27日(日)美祢市民会館において、23年度の山口県PTA研修大会が開催されました。

PB270287_convert_20111210164632.jpg

開会前のアトラクションとして、秋吉小学校のカルスト草炎太鼓の皆さんによる、創作和太鼓の力強い演奏が行われました。
この地方で650年も昔から続いている山焼きの様子を見事に表現されていて大変見応えのある内容でした。

PB270290_convert_20111210164801.jpg

今回の大会の主題は、
共育~家庭・学校・地域の一層の連携をめざして~
次代を担う子どもたちに、思いやりややさしさ、あたたかさなどを心の中に育ててあげるために、家庭、学校、地域がともに子どもたちを育て、自らも、家庭として、学校として、地域として共に成長していくことが必要ではないかということで「共育」という言葉がとりあげられています。

PB270292_convert_20111210164959.jpg

山口県PTA連合会会長、来賓の方々の挨拶、紹介、表彰式、各委員会の活動報告などが行われました。

PB270295_convert_20111210224303.jpg

その後、活動発表という項目で美祢市立大田小PTAによる紙芝居が行われました。
「奈良の大仏と長登銅山」という内容で、奈良の大仏ができるまでのいきさつや、地元の銅が奈良の都まで運ばれて大仏が作られたという驚きの内容を分かりやすい絵と楽しい劇で伝えられていました。

PB270297_convert_20111210170400_20111210224221.jpg

少し休憩時間を挟んで、後半の講演がはじまりました。
今回は「共に育つということ」という演題で今村克彦先生をお迎えしました。
今村先生は4年前にフジテレビで放送された「夢の見つけ方教えたる」のドラマのモデルになった方です。
小学校教師として24年間携わってきた中で、様々な子どもたちと向き合い関わりあいながら、従来の教育とは・・・というものを求め続ける中で、共に育ち合う「共育」という内容を提言されておられます。
実際におこった様々な子ども達の動向の中で、子どもたちや親、教師との関わりの大切さを深く感じさせられる内容で、笑いあり、涙ありのあっという間の1時間半でした。
現在は、教師を辞職し、様々な事情で行き場をなくした子どもたちに関わり合いながら、「関西京都今村組」というダンスチームを立ち上げたり、社団法人日本共育プロジェクトを設立し、今回のような講演会などにも積極的に取り組んでおられます。関西弁のユーモアあふれる口調ですが、内容は大変重く、私達大人が考えていかないといけないこと、意識していかないといけないことの本質的な事を強い信念でぶつけてこられたように感じました。
「人は、人の裏の中にある苦しさに気付いた時に人に優しくなれる」という言葉・・・。子供たちと常に真剣にぶつかって伝えていく中で、子供たちを見て得られた言葉なんだろうと感じさせられました。改めて「共育」という内容の深さを考えさせられる貴重なお話でした。


PB270299_convert_20111210170503.jpg

来年度は下関市の海峡メッセ下関で11月18日(日)開催予定です。
はっぴ姿の下関の方々が舞台にて来年に向けての意気込みを楽しくPRして下さいました。
多くの方々が参加され、まずは家庭、そして地域、社会への意識を高めるきっかけとなっていければと願っています。




Date: 2011.12.10
Category: PTA研修会
Comments (0)
Trackbacks (0)

平成23年度 学校保健安全委員会

昨日 12月6日(火)13:15より家庭科教室において

本年度の学校保健安全委員会が行われ

児童による給食委員会の発表 保険委員会の発表がありました。

Date: 2011.12.07
Category: 学校行事
Comments (0)
Trackbacks (0)

開校70周年記念特別企画 その10

師走になり 今年も残り1ヶ月を切りましたが 皆様いかがお過ごしでしょうか?

開校70周年記念特別企画も今回10回目を迎えることができました。

これも皆様のおかげです。本当にありがとうございます。

それでは お約束通り 記念すべき第10回目は本校校舎(C校舎を除く)について

記事を書こうと思います。



突然ですが!

「きょうは 何の日」 フッフゥ~♪

今から64年前の1947年12月5日は なんと! 本校にあの!
Date: 2011.12.05
Category: PTA企画
Comments (2)
Trackbacks (0)

東地区クリスマスイルミネーション点灯式

今日 午後7時より 岩国駅東口前において恒例の東地区クリスマスイルミネーション点灯式が行われました。

点灯式1

点灯式での挨拶の模様 地元ケーブルテレビ アイ・キャンが取材に来られました。


点灯式2

点灯5秒前!


点灯式3

点灯!


点灯式4

みなさんツリー(上)ばかりに気を取られそうですが 実は下もスゴイんです!


点灯式5

本当に目の保養になりました。今日からしばらくの間 東地区を明るく照らしてください!
Date: 2011.12.01
Category: 地域
Comments (0)
Trackbacks (0)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。